« ベッカムとヘンリー王子 | メイン | 小さくても »

フィリピンはもっと厳しかった

各国でロックダウンの状況は違うけど、イギリスでは最初、1日一回、家族単位での、運動のための外出は許可されていて、「ほほー・・」だったのですが、
フィリピンでは家族でもひとりだけ、しかもスーパーなどへのどうしようもない外出、だけでした。
しかも65歳以上、さらに18歳以下はそれでも外出できない。

もっと厳しかったのですねー。
フランスやイタリアも同じで、外出の時は「こういう理由で外に出てます」という紙と、
身分証明書を携帯しなくてはいけない。
こういうことまでしないとダメだったわけです。

日本はそのとき、お花見とかしてましたからね、、、
本当に恐ろしい。

各国でタイプが違うのはいいけど、開きがすごい、時期的にもズレがあって、
だからこそ広がってしまった、ってのもあると思う。

だからどう、ではなく、ただの感想です。

そうしてたらよかった、とか、あそこはこうだった、って言ってもしょうがないですからね。
これを機に勉強して今後に役立てていかないと、
亡くなってしまった方々に申し訳ないです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.analife.com/mt3/mt-tb.cgi/78

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2020年06月01日 17:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ベッカムとヘンリー王子」です。

次の投稿は「小さくても」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38