« フィリピンはもっと厳しかった | メイン | 紫の花 »

小さくても

イギリスで、99歳だった元兵士が、イギリスの医療現場で働く人たちに寄付を、ってことで、
「僕は来月(当時)の100歳の誕生日までに庭を歩き続けるから、寄付をお願いしたい」
と言ったら、またたくまに2憶、3憶と集まった話が感動的です。
小さなことはここまで大きくなるんですねーー。
だから、誰でも「そんなことしたって」などと思わず、出来ることを恥ずかしいと思わずやろう!
それしかないじゃないか。
この元兵士のやったことがすごいと思わず、自分だってなにか出来るという意識を持とう。
小さくていいのだ。
小さい方がいいのだ。
何をしたって人は批判するのだから。
自分に出来ることはないかな、と、常に考えています、真似をするわけじゃないけど、こういうことから始めてもいいのかもです。
何かが作用して、小さなことが大きくなっていくのだから。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.analife.com/mt3/mt-tb.cgi/79

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2020年07月01日 20:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「フィリピンはもっと厳しかった」です。

次の投稿は「紫の花」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38